矯正治療の方法

当院では正確な診査・診断に基づき、患者さんの希望を最大限尊重した矯正治療を行っています。

矯正治療の方法

矯正治療に美しさだけを求めるのなら、美容整形と変わりありません。美しさと同時に機能性の向上を目指していくことも、矯正治療には欠かせないことだと考えます。

当院では美しさと機能を共に叶える矯正治療を行うため、治療に関して多くの選択肢をご用意しています。その中から患者さんご自身にご選択いただき、しっかり納得いただいたうえで治療を進めてまいります。

また、最近は「非抜歯矯正」という言葉を耳にする機会が増えてきましたが、確かに健康な歯を抜かないで治療できるならばそれに越したことはありません。しかし、歯を抜かずに無理やり矯正治療を行った場合、唇を閉じたときに口元が前に出たり、矯正治療を行う前よりも食べ物がうまく噛めなくなったりするといったトラブルが起こることもあります。

抜歯、非抜歯を含めて患者さんのご要望を最大限に尊重しながら、最善の治療をご提案します。

セファログラムを使った正確な診査・診断

セファログラム当院ではセファログラムと呼ばれる頭部X線写真をもとに矯正方法を検討します。セファログラムを使って上下の顎の関係・位置や顎の骨の形、歯の角度などを分析し、はじきだされた数値によって、どの歯をどれくらい動かしたら良いかを決定します。


セファログラムの詳細は 「痛みの少ない矯正治療」へ

抜歯、非抜歯について

抜歯、非抜歯について抜歯・非抜歯、どちらが良いのか悩んでいませんか。できれば抜きたくない、と考えるのは当然のことです。それでは、どのようなケースで抜歯が必要となるのでしょうか。

症例によって異なります
成人で歯を並べていくスペースがない場合や乱ぐいが強すぎる場合など、抜歯を避けられないケースもありますが、単純に歯並びだけでなくレントゲン写真やお口を閉じたときの唇の形などから総合的に判断する必要があります。当院では、基本的には患者さんの意思を尊重しています。

時には抜くほうが良いケースもあります
抜歯をしないと、その下にある歯槽骨から飛び出してしまう場合や歯槽骨から浮き上がる場合もあります。治療に入る前に綿密にシミュレーションを行い、治療後のことを予測して抜歯の必要性を検討しなくてはなりません。

必ずしも上下両方を抜くわけではありません
ひとくちに抜歯といってもさまざまなケースがあり、上下両方を抜くのではなく、上の歯だけ抜いたりすることもあります。いずれにしても、その方の症状やご希望に応じてさまざまな方法が考えられます。まずはお気軽にご相談ください。

小児矯正の場合

小児矯正は抜歯の確率が低くなります小児矯正
乳歯が残っている小学生であれば、子どもの成長する力を利用しながら矯正を行っていくため抜歯をせずに済む確率は上がります。中高生以降成人においては、抜歯をする確率が子どもよりは高くなります。お子さんの歯並びが気になる場合、早い時点で来院することで、抜歯を免れるケースがあるということを覚えておきましょう。

小児矯正に多い症例
●叢生(乱ぐい歯)
歯の生えるスペースが狭いために、歯と歯が折り重なるようにして生えている状態を叢生(そうせい)といいます。前歯の角度や歯列の幅で違ってくるため「叢生であれば一概に抜歯が必要」とはいい切れません。前歯の角度が1つのポイントとなるので、セファログラムを用いて客観的に評価し、改善できることは子どものうちに改善します。

●前突(出っ歯)
前突にも、上顎が出ているケース、下顎が下がっているケースなどがあります。下顎が下がっている場合は、子どものうちであればバイオネーターなどの専門器具を用いて下顎を前方へ成長誘導していくことで、上下の顎の関係が良くなります。

お気軽にご相談ください

お問い合わせ メールお問い合わせフォーム 電車でお越しの方
メールでのお問い合わせ