器具の滅菌等、院内感染の予防に十分な対策を取っています

高圧蒸気滅菌器やガス滅菌器などの専用滅菌機器を用いた適切な衛生管理で、患者さんを感染からしっかりと守ります。

衛生管理を徹底

外観がきれいな歯科医院はたくさんありますが、院内の感染対策は目に見えない分、より重要です。唾液や血液が飛散しやすい歯科医院では、感染対策を万全に行うことが不可欠です。

当院では、患者さんが使用されるものは可能な限り使い捨てするよう徹底しています。そうでない場合は、高圧蒸気滅菌器などの各種滅菌機器を用いて可能な限りの滅菌および消毒を行っています。お子さんでも安心して治療が受けられる環境が整っています。

当院の滅菌方法

当院では、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)とガス滅菌器を用途に応じて使い分けています。

オートクレーブ●オートクレーブ
器械内部の圧力を高温の蒸気で上げることによって、細菌や微生物などのたんぱく質を変性および死滅させる滅菌器です。滅菌中、オートクレーブ内は飽和蒸気に満たされるため、煮沸滅菌や乾熱滅菌といった通常の熱滅菌よりも低温・短時間で滅菌できることがポイントです。

ガス滅菌●ガス滅菌
ホルムアルデヒドガスは、高濃度に保つことによりすべての微生物を死滅させることが可能です。また、消毒に使われている濃度の下がったホルムアルデヒドガスは、中和消臭液を通すことで安定した物質に変化し、環境問題をクリアしています。

なぜ、滅菌・消毒にこだわるのか

衛生管理を徹底菌というのは目に見えないため、専門知識を持つ医療従事者が適切に滅菌・消毒処理を行わなければなりません。それを怠れば、場合によっては院内感染が発生してしまいます。滅菌・消毒は、医療者として当然の配慮でもあります。

お気軽にご相談ください

お問い合わせ メールお問い合わせフォーム 電車でお越しの方
メールでのお問い合わせ