治療のステップ

子どもの矯正の場合、すべての症例でワイヤー装置をつけるわけではありません。小児矯正は大きく分けて下記の2つのステップがあり、どちらを行うかは患者さんの年齢や症状によって異なります。

ステップ1/第I期治療(幼児期~学童期) 第I期治療
乳歯を中心とした矯正治療を行います。成長期であるこの時期に、その後の骨や歯並びがバランスのとれたものになるように上手に導くことを目的とします。本人の成長力に合わせて補助的に行っていく治療ですが、負担は少なく、かつ大きな効果が期待できる治療です。第I期治療を適切に行うことで、第II期治療が必要なくなることもあります。

ステップ2/第II期治療(中学生以降)第II期治療
対象は中学生以降ですが、基本的には成人の矯正と同じです。ただし成長を利用して、抜歯する確率を下げられる可能性もあります。基本的には上下すべての歯にブラケットを装着し、全体の噛み合わせを改善していきます。

当院での治療の流れ

1)初診矯正相談治療の流れ
お話を伺ったのち、お口の中を拝見して、現在の歯並びや噛み合わせを評価します。予想される装置の種類、治療期間、費用などについても説明します。患者さんはドクターと直接話すことができますので、どんなことでもお気軽に質問ください。

次へ
2)精密検査治療の流れ
より綿密な計画を立てていくために、レントゲン撮影、歯型、お口とお顔の写真、虫歯の検査、歯周組織の検査、簡単な顎の検査を行い、患者さんの資料を作成します。

次へ
3)診断治療の流れ
検査した資料をもとに現在の状態を評価し、画像や模型をもとに治療方法や治療期間について詳しく説明します。不明な点があれば、この時点でドクターと患者さんで話し合います。納得できてから治療開始となります。

次へ
4)治療治療の流れ
●第I期治療(1~2か月に一度来院)
3)での診断をもとに、 乳歯と永久歯が混じった時期(6~10歳)を対象に矯正治療を行います。無理な力は加えず、成長を利用した治療を主眼とします。

●第II期治療(1か月に一度来院)
第I期治療が終了した小児に行います。歯の1本1本に装置をつけ、歯の根までコントロールしながら最終的な噛み合わせを作っていきます。治療期間が比較的長いため、虫歯のコントロールや評価も併せて行います。

次へ
5)永久歯治療治療の流れ
永久歯列になってから来院された患者さんの治療で、治療内容は第II期治療と同じです。成長を大きく利用できないこともあるため、それに合わせて治療を進めていきます。

次へ
6)定期観察(半年から1年に一度来院)治療の流れ
3)での診断のあと、第I期治療をするにはまだ早い方、永久歯で治療をすれば十分な方などは、治療に最適な時期まで観察しながら待つこととなります。

次へ
7)保定(装置を外してからの3年間に4~5回来院)
きれいにしっかりと噛み合った歯も、すぐに装置を取り去ってしまうと後戻りを起こします。治療終了後は、リテーナーを用いて後戻りを予防します。

お気軽にご相談ください

お問い合わせ メールお問い合わせフォーム 電車でお越しの方
メールでのお問い合わせ