材料の選択により、痛みをなるべく少なく抑えます

形状記憶ワイヤーの太さを変えて、負担をなるべく少なくしながら矯正治療を行います。

痛みの少ない矯正治療

ワイヤーを用いて矯正を行う場合、歯にブラケットという小さな装置を取りつけて、そこに金属でできたワイヤーを通して力を加えることにより、少しずつ歯を動かしていきます。数ある矯正方法の中で歴史が古く、スタンダードなものです。

形状記憶ワイヤーで行う痛みの少ない治療

形状記憶ワイヤー歯列矯正では、ブラケットと呼ばれる装置を歯に取りつけて、ワイヤーで力を加えながら歯を少しずつ動かしていきます。当院では、形状記憶ワイヤーといって、細くて弾力性に富み、弱い力を持続的に伝えることができるものを、細いものから徐々に太いものへとサイズを上げて使用しています。そのため、急に強い力をかけることなく、効果的に歯を動かすことができます。

セファログラム(頭部X線規格写真)の使用

セファログラムセファログラムで撮影すると、矯正治療前・矯正治療中・矯正治療後のそれぞれについて同じルールで撮影された歯や骨格の状態を比較できるため、治療効果を把握、評価することができます。

また、それをもとに患者さんに説明することで、矯正治療の進み具合についていっそう理解してもらうことが可能です。患者さん自身も、通常の人よりも自分の顎が出ているとか口元が出ているといった点を客観的に把握することができます。

お気軽にご相談ください

お問い合わせ メールお問い合わせフォーム 電車でお越しの方
メールでのお問い合わせ