抜歯、非抜歯について

抜歯、非抜歯について抜歯・非抜歯、どちらが良いのか悩んでいませんか。できれば抜きたくない、と考えるのは当然のことです。それでは、どのようなケースで抜歯が必要となるのでしょうか。

症例によって異なります
成人で歯を並べていくスペースがない場合や乱ぐいが強すぎる場合など、抜歯を避けられないケースもありますが、単純に歯並びだけでなくレントゲン写真やお口を閉じたときの唇の形などから総合的に判断する必要があります。当院では、基本的には患者さんの意思を尊重しています。

時には抜くほうが良いケースもあります
抜歯をしないと、その下にある歯槽骨から飛び出してしまう場合や歯槽骨から浮き上がる場合もあります。治療に入る前に綿密にシミュレーションを行い、治療後のことを予測して抜歯の必要性を検討しなくてはなりません。

必ずしも上下両方を抜くわけではありません
ひとくちに抜歯といってもさまざまなケースがあり、上下両方を抜くのではなく、上の歯だけ抜いたりすることもあります。いずれにしても、その方の症状やご希望に応じてさまざまな方法が考えられます。まずはお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

お問い合わせ メールお問い合わせフォーム 電車でお越しの方
メールでのお問い合わせ