おもな矯正装置

床矯正床矯正
床矯正は、成長途中にあるお子さんの成長力を利用して顎の骨の発育を正常に促し、正しい歯列を目指す小児を対象とした矯正治療です。食事中、スポーツ中、話すことが必要である授業中は外すことができるのがメリットです。

クワドヘリックス・バイヘリックスクワドヘリックス
歯列の幅を拡げ、歯を揃えやすくする方法です。乱ぐい歯や奥歯のねじれの治療などに使用されます。一般的に、クワドへリックスは上顎、バイヘリックスは下顎に使用されています。ケースによっては、これらの装置を用いて歯列を拡げたのちにブラケットとワイヤーを使って矯正治療を行うことがあります。

取り外しができない分、治療が早く進み、床矯正よりも違和感が少ないことがメリットです。

リンガル矯正(裏側矯正)リンガル矯正
リンガル矯正とは、歯の裏側に矯正装置をつける方法です。装置をつけたことが外からはまったくわからないため、見た目を気にする方に人気の方法です。

ハーフリンガル矯正
目立ちやすい上の歯はリンガル装置を用い、下唇で隠れやすい下の歯には表側の装置を用いるのがハーフリンガル矯正です。

インプラント矯正インプラント矯正
インプラント矯正とは、矯正歯科用に作られた特殊なチタンのネジを顎の骨に埋め込み、そこを支点として矯正を行っていく方法です。従来の矯正治療では難しかった歯の動きが可能となったり、治療期間が短縮されたりすることもあります。チタンなので副作用がなく、痛みもありません。
 

お気軽にご相談ください

お問い合わせ メールお問い合わせフォーム 電車でお越しの方
メールでのお問い合わせ