子どもの矯正はいつ始めるべきか

できれば7~8歳までに来院を子どもの矯正
一般的に6~7歳、遅くとも永久歯の前歯と奥歯が生えてくる8歳頃までに来院をお勧めします。幼児期から顎の変形が強い場合や親の形質遺伝が考えられるケースであれば、さらに早いほうが良いでしょう。経過観察を行いながら適切な時期に治療を開始しますが、場合によっては矯正治療の必要がないということもあります。

迷ったらとにかく来院を
来院したら絶対に矯正治療を受けなくてはいけない、ということはありません。相談だけで終わることも少なくありません。骨格の不調和をそのままにしておくと、5年後、10年後にはさらに進んでしまい、最終的には矯正治療だけでなく手術さえ必要となるケースがあります。早めの来院が何より大切です。

お気軽にご相談ください

お問い合わせ メールお問い合わせフォーム 電車でお越しの方
メールでのお問い合わせ