矯正用の歯ブラシを用いたブラッシング指導

ブラッシング指導毎日のセルフケアを指導します。歯科医院での予防や治療だけでは歯を守ることはできません。しっかり磨いているつもりでも、歯垢が残ってしまっていることも多くあります。また、矯正装置によってはブラッシング方法にコツが必要となりますので、必要に応じて専用の歯ブラシなどをお渡ししています。

代表的な磨き方
●バス法
プラーク(歯垢)が溜まりやすい歯と歯肉の境界、また歯周ポケットの入り口の清掃を重点的に行う方法です。歯肉辺縁部に歯ブラシを歯ぐきに対し45度の角度で当て、歯ブラシをていねいに動かします。

マッサージ効果も得られるため、清掃だけでなく歯周病予防にも効果的なブラッシング方法です。強くこすると歯肉を傷つけてしまい逆効果です。柔らかめの歯ブラシを使用しましょう。

●スクラビング法
バス法とは異なる角度での清掃方法です。歯ブラシの毛先を歯の面にピッタリと垂直に当てた状態で、細かく小刻みに動かします。大きく動かしすぎると単なる横磨きになってしまうので気をつけましょう。

お気軽にご相談ください

お問い合わせ メールお問い合わせフォーム 電車でお越しの方
メールでのお問い合わせ