知っていますか?虫歯の大きさの評価

虫歯は進行状態によってCO~C4 までの段階に分けられます。矯正中は装置が入るため通常より見つけづらくなります。磨き残しがないように心がけましょう。

COCo
初期の虫歯の段階です。歯には穴が開いていないため、フッ素とキシリトールを使って歯を再石灰化させることができれば改善していきます。

C1C1
歯の表面のエナメル質という層のみが虫歯の状態です。痛みは感じられませんが、このまま放置していても治りません。ある程度削る必要があります。

C2C2
虫歯がエナメル質の下の象牙質にまで進んだ状態です。神経に達していませんが、少し痛みは感じられます。虫歯部分を削り、場合によっては型取りをしたりする治療が必要です。
※多くの場合、麻酔を使って治療していきます。

C3C3
C2を放置したことによって虫歯が神経にまで達し、歯髄炎を起こした状態です。歯を大きく深く削るだけでなく、ほとんどの場合神経を抜き取ることが必要です。

C4C4
神経が完全に死んでしまった状態です。ここまでくると治療は極めて難しく、ほとんどの場合抜歯の必要があります。

お気軽にご相談ください

お問い合わせ メールお問い合わせフォーム 電車でお越しの方
メールでのお問い合わせ