【40代以降】

40代以降における矯正のメリット40代以降
40代以降は、歯だけでなく全身の衰えを感じ始める頃ですが、この時期に適切な歯並びに治しておくことで噛み合わせの際の負担が減り、健康を損なうリスクを抑えることができます。また、若い頃と比較すると歯周病のリスクが高くなる時期ですが、歯を支える骨(歯槽骨)の状態さえ良ければ矯正を受けることは十分可能です。

●しっかりと噛めるようになります
これまで繰り返してきた虫歯治療によって歯の高さが変わり、噛みづらくなってしまったという方の場合、この時期に歯列矯正をすることでより噛みやすく負担の少ない歯並びにすることができます。

●虫歯・口臭の予防にもつながります
歯並びが悪いと磨き残しが多くなり、虫歯や口臭の問題が出てきます。40代以降は唾液量の減少などから虫歯や口臭のリスクが高まりますから、早めに歯列を整え、磨きやすくしておくことで、こういったリスクを減少させることができます。

●健康寿命を延ばすことができます
自分の歯で噛める人は、そうでない人に比べて健康寿命が長いことがわかっています。歯を失わず長持ちさせるためにも、この時期に歯列を整えておくことは大切です。

当院における40代以降の矯正の特徴
●歯周病のある方でも受けていただくことができます
通常、歯周病があると歯列矯正の負担でさらに骨量が減少してしまうリスクがあるといわれています。歯周病の程度にもよりますが、軽度であれ、当院では歯周病の専門医と連携しながら進行を抑えつつ治療することが可能です。

●生涯にわたり健康な歯を保てるようにします
生活環境や食生活などを伺い、その方に合った歯列の調整を行います。個性を活かしてその人らしい口腔内環境を整えることで、より長く自分の歯で快適に噛めるようにします。

お気軽にご相談ください

お問い合わせ メールお問い合わせフォーム 電車でお越しの方
メールでのお問い合わせ